Picup item
Recommend
Search


Family

はる 2006年11月生まれ
お花とピンクがだいすき
トマトがにがて


まめ 2010年1月生まれ
カーズと新幹線がすき
イヤイヤ期の甘えんぼう


夫 1980年10月生まれ
お魚だいすき港町育ち
はるまめと同じ顔


ヒロ 1978年12月生まれ
おおざっぱなO型
在宅で細々とデザイン業

New Entries
Category
Twitter


Archives
Text
Recommend

↓写真プリントはいつもココ


↓Tポイント使う時はコッチ

↓出前はココ


↓愛用中レンタルサーバー


↓ブログモニタ−


↓レビューブログ
ブログでお小遣い 無料サンプルも

↓おこづかい稼ぎ
モッピー!お金がたまるポイントサイト

↓アフィリエイト
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム



登録無料!アフィリエイトはアクセストレード



Mail
ino☆pq.sub.jp
☆を@に変換してください
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM


藤子・F・不二雄ミュージアム 攻略編
前回 のつづき
藤子・F・不二雄ミュージアム攻略編です



ミュージアムには駐車場がないので、
登戸駅から出ている直通バスを利用しました




↓ バス車内。



バスは1時間に約5〜6本出ているので、
ほとんど待たずに乗れます。(suica OK)



登戸駅にはドラえもんとドラミちゃんの
銅像がありますよー(小さいけど)








ミュージアムは完全日時予約制です。
オススメはオープン時に入場できる10時のチケット。


15分前(9:45)の時点で外の行列はこんな感じ。


人数制限をしながら少しずつ中に誘導されます。









入場後は、受付で音声ガイドを借りて館内へ。


耳にあててるのが音声ガイド




私たちはここで音声ガイドは受け取らずに、
3Fのカフェへ直行しました。


カフェは人気があって昼時には激混みしますが、
平日朝イチなら待たずに着席



夏休みは朝でも混むかもしれませんが、
すぐ座れない時は、整理券がもらえるそうです。






先生の朝食という朝限定のメニューもあります。

シンプルな普通の朝食ですが、
藤子・F・不二雄先生の朝食こだわりエピソードが
添えられていて面白いです。





カフェの外にある「はらっぱ」も11時前後なら
まだ空いています。




人気のある写真スポットも並ばずにパシャリ。



比較的空いているうちに(12時入場の人が来る前に)
はらっぱを堪能して、その後ゆっくり館内の展示を
見て回った方が効率がいいかなーと思います。




日傘は持ち込み不可、入館前に預けましょう。
他の手荷物は館内のコインロッカーへ。






館内のあちこちに、隠れミッキーならぬ
隠れ藤子不二雄キャラクターが紛れてます。

↓森の中に隠れキャラわかるかな?


私たちが見つけたキャラクター(他にもいるのかな?)

ウマタケ・キー坊・ジャングル黒べえ・ころばし屋
大魔境のバウワンコ像・ツチノコ・のび太


スタッフさんに聞くとヒントを教えてもらえるので、
ぜひ探してみてください☆




トイレ前のピクトグラムも。可愛い (*´ェ`*)




お土産に買ったどら焼きと暗記パンラスク。

個包装なのでお友達に配るのにぴったり。
どちらも美味しかったです




今日も読んだよーの印にポチッとお願いします
    ↓      
   ブログランキング・にほんブログ村へ

カテゴリー:お出かけ・帰省 | 投稿時間:18:17 | トラックバック:trackbacks(0) | はてなに登録:このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事のトラックバックURL
http://halmam.jugem.jp/trackback/409
トラックバック